ゼニタムシ(体部白癬)を自力で治す方法!

 

ゼニタムシの原因菌(白癬菌)を強力殺菌!
かゆみ、皮膚の荒れ、傷口、細菌による炎症をファンガクリームが解決!
ファンガソープEXもファンガクリームもどちらも天然成分で安心して使えます!

 

 

一気にゼニタムシの悩みから解放

 

セット内容

ドクターズチョイス ファンガソープEX

ドクターズチョイス ファンガクリーム

 

90日間全額返金保証

 

 

ゼニタムシって何?

 

 

ゼニタムシは、産毛がある皮膚にできる病気で、体部白癬と言います。

 

ゼニタムシの解決法は「ドクターズチョイス ゼニタムシ完治セット」を使うこと!

 

ゼニタムシの原因

 

ゼニタムシの原因は白癬菌が皮膚に付着をして増殖してしまう事によるものです。因みに白癬菌と言うのは特に水虫に
感染をしている方だけではなくペットを飼っていらっしゃる方もうつる事があります。また四季の中でも特に春と夏に流行をします。そして小さなお子様をお持ちの親御様は知っておいていただきたいのですが、子供は体温が高くて汗をかきやすいですので、実は白癬菌が繁殖し易い条件がほぼ揃っている事になりますので注意が必要です。また若い女性の方においてもタイツやパンストを履いている場合には脚部が高温多湿の条件となりますので白癬菌が繁殖しやすい条件下になってしまうのです。

 

ゼニダムシの原因となる菌について

 

ゼニタムシは皮膚白癬菌と言う菌が原因となる事は既にお伝えしましたが、具体的にどの様な菌なのかと言いますとカビの種類になるのですが、この形態から白癬菌属、小胞子菌属、表皮菌属の3つに分類されます。また白癬を起こす皮膚糸状菌については世界で40種類以上あると言われていますが、国内ではこの中で10種類ほどが人間に白癬をもたらすと言われているのです。そしてその中でも一番頻度が高いのがトリコフィトン・ルブルムと、トリコフィトン・メンタグロフィテスになります。また白癬菌は人から人へばかりではなく動物に感染する白癬菌が人に感染する場合もあることも覚えておきましょう。

 

ゼニタムシの市販薬について

 

ゼニダムシの市販薬についてですが皮膚糸状菌が原因となりますので「水虫治療薬」と表示されている物であればゼニタムシにも効果があります。実際に商品パッケージの「効能・効果」を見てみるとたむしと記載があるはずです。またたむしに効果がある市販薬のタイプはほぼ塗り薬となっています。そして市販薬に含有されている成分は皮膚糸状菌を退治する物とそれ以外に分かれておりまして、皮膚糸状菌に効果がある物も数種類があるので迷ってしまいますが、成分による効果の差はさほどありませんので気にしなくても良いと言えるでしょう。

 

ゼニタムシとオロナインについて

 

皆さまも良くご存知のオロナインですが大ヒット薬になりますので恐らく皆さまもご自宅でアカギレや傷ができてしまった場合には使用したこともあるのではないかと思います。そしてオロナインの成分はグルコン酸クロルヘキシジンになりまして皮膚に対する刺激が少なく、消毒薬として医療現場にて手や皮膚などの消毒に使用されています。この様なことによりオロナインはゼニタムシにも効果や効能があると記載されています。

 

ゼニタムシと似た症状

 

ゼニタムシと良く似た症状には水虫があります。また結論を言うとゼニタムシと水虫は両方とも同類の真菌が体に取り付いて起こる物となります。良く勘違いをされやすいのですが、真菌はカビが属する生物中のカテゴリーを指しますが、細菌はウィルスと同じ微生物のカテゴリーとなりますので全く違ったグループ分けとなるので間違えやすい症状となるのです。もしも自己判断が付かない場合には医者に診てもらうと良いでしょう。

 

ゼニタムシは首に発症するか?

 

実は白癬菌自体が持つ感染力と言うのはそんなに強くはありませんし、空気感染もしないと言われているのです。因みに乾燥した肌につきましても日常生活の中で落ちたり洗い流せば特に問題はありません。でも白癬菌自体はカビの一種となりますので高温多湿の場所を好みますので温度が15度以上、また湿度が70%以上の場所であれば活発的に繁殖を始めます。ですのでこの環境は普段ワイシャツやネクタイを締めているビジネスマンの首周りにありがちな環境下となり、白癬菌が付着すると首元に留まる様になってしまい増殖をして角質層の奥深くへと侵入して行ってしまうのです。また寝ている間に首元と寝具の間の湿度によって白癬菌の症状が出てしまう場合もありますのでなるべく首元の環境は清潔に通気性を良くしておくと良いでしょう。

 

ゼニタムシと赤ちゃんの感染

 

ゼニタムシは大人の病気だと言うイメージが多いと思いますが実は子供や赤ちゃんにも発症してしまう場合があります。感染しやすい場所としては手のひらや足の裏、頭部や陰部、股部を除いた皮膚となります。そして症状と致しましては最初は小水泡や小さな丘疹が発症して段々と円状に広がり盛り上がって行き赤くなって行きます。また中心部は小さな皮膚片が見られてカサカサしてきます。ですので何かの皮膚病と間違えやすいですが、その後は褐色となって痒みを伴いますので気をつけないといけません。また赤ちゃんが感染する原因と致しましては親からの足の水虫などからうつる場合もありますが、その他にもネコや犬などに寄生した白癬菌からうつる場合もあります。

 

 

ゼニタムシがうつる要因

 

では次にゼニタムシがうつる要因についてお話をさせていただきます。大元となるのは白癬菌になるのですが、白癬菌は人間だけではなく動物にも存在します。ですので白癬菌にかかった動物の接しているうちに人間に感染してしまう事もあるのです。ですので皆さまがペットを飼われている場合には特にミクロスポルム・カニスと呼ばれているカビがネコや犬に感染していると白癬になっている可能性が大いにありますので接触をした人間の顔や体、また髪の毛に白癬菌がうつってします事があります。また人間同士でも柔道や剣道などの格闘技をされている場合ですと菌が繁殖に好む高温多湿を兼ね揃えていますので、試合や練習の時に集団感染してしまう場合もあるのです。

 

ゼニタムシの顔への発症について

 

ゼニダムシは陰部や首部だけではなくて時として顔にも発症してしまう場合があります。ですのでどの様な感染経路でうつるのかと言う事を把握しておく必要があります。先ずはゼニタムシに感染している患者が使用したバスタオルやフェイスタオルを共用する事です。そしてどの様な場所が考えられるかと言いますと大衆浴場やスポーツジム、またサウナや岩盤浴などの不特定多数の方が利用する施設になります。また玄関マットやリビングにカーペットを敷いている場合でも白癬菌がある場合にはもし子供などがそこに寝転がってしまった場合には感染経路となります。また顔部が触れる可能性が高い枕やシーツを共有したりペットを可愛がっている場合にはうつる場合もあるのです。そして白癬菌が手についた時には顔を触った場合には直ぐにうつってしまいます。但し白癬菌に感染したとしても24時間から48時間以内でしたら顔の皮膚から取り除けば発症を妨げられますので発症しないと言われています。

 

ゼニタムシの治りかけ時の注意点

 

ゼニタムシの治療を始めて治りかけて来た場合には更に酷くならない様にしたり再発を防ぐ為にも日常生活の中で幾つか気をつけるべき点があります。先ず感染の原因と考えられる方がご自宅にいる場合にはせっかく治りかけている場合にはスリッパや足拭きマットは各個人専用の物を使う様にして共用を避ける様にします。そしてお風呂から上がったら素足でいるとまた白癬菌がうつってしまうリスクがありますので素足でいるのは避けた方が良いでしょう。特に治りかけの場合の入浴後のケアは大切ですの真菌薬を足の裏に薄く塗る事をお勧めいたします。また普段から室内は掃除機をかけてなるべく足の皮を残さない様に掃除しておく
事も大切です。実は足の皮が剥がれた物が室内にあると白癬菌は一年以上も存在してまいますので折角ゼニタムシが治りかけていても再度感染してしまうリスクを増やしてしまう事になってしまうのです。

 

ゼニタムシの写真について

 

もしもご自身がゼニタムシ(白癬菌)にかかってしまったのではないかと心配になった場合にはネットの写真で確認する事ができますので、医者に行かなくても初期の症状を確認する事も可能なのです。特に性器や股間部に見られる白癬菌とはどの様な物なのかも確認する事ができますので、ご自身で判断をする事ができる良い材料となります。

 

 

ゼニタムシは傷口が出来ていると要注意

 

もしも皆さまの皮膚にすり傷や切り傷がある場合にはゼニタムシの感染に気をつけなければいけません。特に傷口に汚れが付着してしまったいたり、また手に細菌が付いた状態で傷口に触れたりすると
ゼニタムシが感染をしたり増殖をして化膿が進行してしまうリスクがあります。但し人間には外部から入って来た細菌に対して攻撃をする仕組みがありますので、もしゼニタムシが軽症であれば自然に回復する場合もあります。また重症だったり早く回復させたい時には抗生物質を使用してゼニタムシの殺菌を促してくれる方法が良いでしょう。いずれにせよ傷口からの感染を防いだり化膿させない様に清潔に保っておく事が大切になります。

 

ゼニタムシは痒みがあると要注意

 

ゼニタムシは発症する場所として陰部や脇の下に出来る場合があります。そして発症するととっても強い痒みが生じます。またこれらの部位は普段仕事着かなどを着ている場合には掻く事ができませんので、帰宅した後や途中の化粧室などでかいてしまう場合がありますが、そうすると発疹が現れてしまいます。また入浴をする事で体温が上昇しますので更に痒みが強くなりますので、?きむしってしまうと膿がでたり酷い場合には出血したりする場合もあり、更にはもし膿が付いた手で体の他の部位を触ると感染が拡大してしまう恐れがあります。特に女性の方はストッキングや下着などが蒸れてしまって痒みを伴う機会が男性よりも多いですので要注意となります。

 

 

ゼニタムシは白癬菌を殺菌するだけでは不十分

 

ゼニタムシを治療する場合には真菌に効果のあるイミダソール系やアリルアミン系、モルホリン系に代表される数種類の白癬菌を殺菌する薬があります。また医師に診察されて処方された薬でも良いのですが、上記でご説明させていただいた通り写真を見てゼニタムシだと確信がある場合でしたら市販薬で対処されるのも良いでしょう。しかし白癬菌を退治するには単に殺菌をするだけではなくて水虫治療に根気が必要な様にどれだけ根気よく継続出来るかが大切になります。その理由と致しましては白癬菌は放っておくと直ぐに発症してしまうからなのです。
また白癬菌には感染力が強い事も特徴の一つになりますので、単にご自身の対象部位の白癬菌の殺菌を行うだけではなく、再発を防ぐ為に通気性の良い洋服のスタイルに変えたり小さかお子様がいる場合には触れる事が多いですので常日頃から手を洗う癖を付けておく事も大切なケアの方法になります。

 

ゼニタムシを治すコツ

 

ゼニタムシにかかってしまった場合にはもちろん抗白癬菌薬を使用して治療する事は勿論ですが、コツと致しましては日常生活の中における行動を気をつける事です。例えば日頃から足元の蒸れが気になるのであれば可能な限り週末に靴を洗って白癬菌を取り除き、きちんと乾燥させる事や毎日同じ靴を履かない様にする事も対応の1つと言えるでしょう。また靴が洗えない時には内部を濡れ雑巾で拭き、白癬菌がついた小さな皮膚片やアカを取り除き乾燥させると良いでしょう。また入浴後やスポーツジムの帰りなど、まだ足が濡れている段階ですぐに靴下を履いてしまうと自ら白癬菌が繁殖し易い環境を作っていることになりますので、必ず乾燥させてから靴下を履く様にしましょう。これらの事を徹底するだけでも
ゼニタムシを治すコツとなりますので気に留めておきましょう。

 

ゼニタムシとティーツリーオイル

 

皆さまはティーツリーオイルをご存知ありますでしょうか?ティーツリーはオーストリアの亜熱帯地域に生息している植物となり、この葉をすり潰してオイルに混ぜて使う方法もあり、地元オーストリアでは一般の家庭でも痒み止めや軽症の傷の治療や消毒にも使用されております。また抗菌作用や抗真菌作用にも優れておりますので、水虫や傷、ニキビや化膿した傷のケアにも役立つ事からゼニタムシにも効果があるとされています。そして特に女性の方には皮膚の痒みへの効果が高いですので、ゼニタムシが頭皮やデリケートゾーンに発症してしまった場合には最適なオイルとなるのです。また天然成分ですので体に優しい事が特長になっています。

 

ゼニタムシとドクターチョイスゼニタムシ完治セット

 

ドクターチョイスからゼニタムシ完治セットが販売されています。今まで色々な治療薬で試して来たけど治らなかった方や早期にゼニタムシを治したい方、二度とゼニタムシにかかりたくない方にお勧めの商品となります。またこの商品の特長は白癬菌には効果のあるティーツリーオイルが含まれておりますので白癬菌の殺菌を促してくれます。またセットに含まれているファンガクリームはゼニタムシによる痒みや皮膚の炎症を抑えてくれますので問題を解決してくれるのです。

 

まとめ

 

以上の様にゼニタムシの殺菌には医者に行かなくても自己判断をして治療薬で治す事も可能となります。但し肌質が弱い方の場合には例えゼニタムシが治ったとしても他の副作用が出てしまう場合があります。ですのでその様に感じた場合にはドクターチョイスの商品であれば白癬菌の他にもカンジタ菌にも効果がある程の優れた殺菌作用があり、顔を含めて全身に使用する事が出来る上で天然成分由来のティーツリーオイルが含まれておりますので、大人の方は勿論、赤ちゃんや小さなお子様が使用をしても副作用のリスクが低いですので安全にゼニタムシを治す事が出来るのです。ですので周りの環境も含めた上でゼニタムシの治療薬を選定されると良いでしょう。

更新履歴